眠気を覚ます、目の覚めるようなテクニック6選


どうしても今日中にこの仕事を仕上げないと
いけないとか、明日の試験に備えて「今夜は
徹夜だ」と張り切って勉強したものの、ときお
りやってくる「睡魔」に苦しめられ、結局思うよ
うにできなかったとか、会社勤めの方や、学生
さんなら、多くのかたがこのような経験をされた
ことがあると思いますが、いざというときのこのよ
うな場面に備えて「眠気」=「睡魔」と戦うテ
クニックを探ってみました。

スポンサーリンク
336×280広告

眠気を解消する6つの手段

今回はすぐにも試せる手軽なものを紹介したいと思います

1)痛みを与える

2)耳を引っ張る

3)顔を洗う&息を止める

4)冷たい水を飲む

5)ガムをかむ

6)お茶やコーヒーを飲む

痛みを与える

これはもう、まんまですね。腿をつねったり、

ほっぺをつねったりして痛みによる刺激で

一時的に眠気を防ぐ方法です。

軽い眠気のときにはいいかも。

それでも効果はあまり長くは続きませんでした。

あくまで応急処置みたいなものです。

耳を引っ張る

親指と人差指で、まず耳の上側、次に真ん中
あたり、最後に下の耳たぶを順番に強く引っ
張ります。
これは眠気覚まし以外にも顔のたるみやむく
みの改善(小顔効果)といった美容効果や
目がスッキリするなど、眠くなくても毎日
やってみる価値ありです。

顔を洗う&息を止める

ひとの脳は、頭部(中でも顔)に水がかかったりすると、水中にいると判断し
生命の危機だから極力酸素の量を節約しようと活発に活動(脳が活性化)する
そうです(潜水反射)。さっきまで「ねむーい」→って言ってたのが「大変だ、
起きろ!」となるわけです。
それならと私は、洗面器に水を入れ、中に顔を突っ込んで文字通り
実際に水中にいるほうが「脳」様を騙さずなおかつ眠気防止とやりました。
効果てきめん、僕イケメンと狩野英孝も言ったとか言わなかったとか。

冷たい水を飲む

脳が温度を感知する部分と睡眠をコントロールする部分が向こう三軒両隣
らしく、あたたかいと感じると眠くなり、冷たいと感じると「んっ!」と
脳が反応して目がさめるということだけど、私の場合はあまり効果は感じ
られなかった。まあお手軽だし、一度はやってみる価値アリかと。

ガムをかむ

眠気を吹き飛ばすイメ-ジの代表格とも
言えるガムですが、共通するのはミント
とかの香りですかね。でも私的にはこれ
だけでは、やはりというかどうしてもイマ
イチ効果は感じられませんでした。4の
冷たい水を飲むと併用することで、多少
(チョッチね)感じる程度でした。

お茶やコーヒーを飲む

これはもはや、定番中の定番ですね。「じゃ、
どうして最後に?」となりますが、今眠い
となったときに、コーヒーやお茶を飲んだ
としても、カフェインが脳に到達するには約
30分かかるそうで、つまりその間に寝てしま
うかもという不安があったわけです。だから
即効性が高いものから紹介したわけです。
コーヒーに比べてお茶の眠気覚ましとして
のイメージは今ひとつパットしませんが、
玉露はコーヒーの約2倍近くのカフェイン
をふくんでいるそうです。

最後に

本来睡眠は、適正に摂るのが基本中の基本です。
が、どうしてもここは睡眠を犠牲にしてもやら
なければという必要に迫られたかたにと思い
紹介しました。もちろんこれ以外にもたくさん
あります。これらは単独で行うよりも他と併用
することでさらなる効果が期待できると言えます。
ではご健闘をいのります。
羊が一匹、羊が二匹。。。。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告