最遊記RELOAD -ZEROIN-は原作漫画の何巻の何話?どこからどこまで放送されるかも

エンタメ

2022年1月放映予定の最遊記のTVアニメシリーズ第5弾

『最遊記RELOAD -ZEROIN-』

先行上映会の開催が決定しましたね。
 

『最遊記RELOAD -ZEROIN-』の原作漫、既に物語が描き終わっている

漫画「最遊記RELOAD」の中の「Even a Worm 編」の部分です。

実は「Even a Worm編」は過去にオリジナル展開でアニメ化されていたんですが、

今回は完全に原作漫画のストーリーでアニメ化されるんです。
 

漫画「最遊記RELOAD」は全部で10巻あり、「Even a Worm」編は、

この中の4巻から最終巻の10巻までです。

 

今回あらすじも用意しましたので予習しておきましょう。

スポンサーリンク

最遊記RELOAD -ZEROIN-は原作漫画の何巻の何話?どこからどこまで放送されるかも

  • 原作漫画のどの部分がアニメ化されたのか
  • 最遊記のTVアニメシリーズ5作品
  • 過去に放映された「Even a Worm」編との違いは?

さっそくみてみましょう

原作漫画「最遊記RELOAD」の「Even a Worm」編のどの部分がアニメ化されたのか

『最遊記RELOAD -ZEROIN-』は原作漫画の「最遊記RELOAD」10巻のうちの

4巻から最終10巻までの「Even a Worm」編を原作通りにアニメ化したもの。

最遊記のTVアニメシリーズ5作品

1『幻想魔伝 最遊記』全50話
2『最遊記RELOAD』全25話
3『最遊記RELOAD GUNLOCK』全26話
4『最遊記RELOAD BLAST』全12話
5『最遊記RELOAD -ZEROIN-』こちらが2022年1月放映予定

2022年1月放映予定の『最遊記RELOAD -ZEROIN-』が第5弾となります。

最遊記 RELOAD -ZEROIN-のアニメ声優キャスト一覧まとめ

過去に放映された「Even a Worm」編との違いは?

実は、「Even a Worm」編は過去TVシリーズ3作目『最遊記RELOAD GUNLOCK』の中で放映されました。

『最遊記RELOAD GUNLOCK』の13話から最終26話までが「Even a Worm」編です。

じゃ、何が違うかというと

前作と今回の大きなちがい

      

  • 前作では、アニメオリジナルのストーリーとなっている
  • 『最遊記RELOAD -ZEROIN-』では・原作漫画の内容をそのままアニメ化した

 

前作と今回の内容を比べてみるのもおもしろそうですね。

アニメ『最遊記RELOAD -ZEROIN-』の原作漫画「Even a Worm」編のあらすじ

第4巻のあらすじ

ある日、三蔵は森の中から声がするので入っていく。そこで小さな子と出会う。

その子は孫悟空と言った。三蔵は何かの縁と思い悟空を寺に連れ帰る。

すると寺では、食べ物がなくなる事件が勃発、犯人は悟空だった。

そこで、三蔵は寺の者に悟空のことを調べさせた。
「500年前に天界で大罪を犯し地上に封印された魔物」
との答えに三蔵は驚く。
 

それからまもなくして、三蔵、悟空、八戒、悟浄らは西域への旅を続ける。

ある村で西の大陸からきたヘイゼルという司教に出会う。

関西弁をしゃべる明るい性格だったが、妖怪の魂を死んだ人間に
移行して蘇らせる能力があった。

そんな彼に三蔵一行は得体の知れない何かを感じるのだった。

第5巻のあらすじ

三蔵、悟空、八戒、悟浄の4人は、ある村で突然、村人に襲われる。

村人は皆黄色い目をして、倒されると土の塊となってしまう。

 

そんな時、一行の前にヘイゼル・グロースという司教が現れる。

異国から来たという彼は、死者を蘇らせる力を持っていた。

三蔵は一緒に旅することにした。

 

ある町で親を殺され1人になってしまった妖怪の少年を見つけた。

ヘイゼルは少年に命を差しだせと言う。

そうすればもう人間界で物乞いをしながら生きていかなくてもいいのだと説得した。

少年は一度は承諾したが、やはり生きたいと叫ぶ。

ヘイゼルはこんな幼い子どもまで殺さなければならない自分の運命を後悔し始める。
 

ヘイゼルは三蔵とこここで別れる。

そして、三蔵にはひとつだけわからないことがあった。

それは、蘇生実験の直謀者である牛魔王の一味は、蘇生術を操るヘイゼル当然知ってるはず。

じゃ、どうして見逃してるのかということだ。

 
そして、三蔵一行と別れたヘイゼルとカドの前に意外な人物が現われた。

第6巻のあらすじ

ヘイゼルは神出鬼没な法師・烏哭と出会った。

その昔、烏哭はヘイゼルが修業していた西の異国の教会に2週間ほど滞在したのだった。

烏哭は東の桃源郷のことに詳しく、ヘイゼルにもよくその話をしてた。

 

昔話の途中、烏哭は三蔵一行の中に斉天大聖がいたのではないかとヘイゼルに聞いた。

桃源郷で起こった妖怪の暴走はこの斉天大聖が原因だと言った。

それを聞いてヘイゼルは、三蔵一行に再会するためカドと引き返した。

 

一方、三蔵一行は、四方を山に囲まれた村で休んでいた。

村は妖怪が入り込めないように道士という人が結界を張っているという。

道士が張っている結界は名ばかりで、実際は旅人を妖怪のボスに生贄として差し出す
代わりに村人に手を出さないという協定を結んでいたのだった。

妖怪たちは三蔵の持つ2つの経文を強奪することが目的だった。

道士の手下に捉えられた三蔵だが、得意の銃撃で妖怪をバタバタと倒した。

 

三蔵が町へ戻ると、悟空、八戒、悟浄の3人が道士の手下に囲まれていた。

三蔵は容赦なくそれらを次々殺していった。

様子を見ていた村人たちは、もう道士のイカさまには騙されないと踏み込んできた。

 
一方、再会したヘイゼルと烏哭は酒場で、情報交換をしていた。

第7巻のあらすじ

旅の途中、突然三蔵一行が襲撃される。

ところが三蔵は、危篤状態の悟空を置いたまま襲撃した連中を追った。

八戒と悟浄は三蔵に腹を立てながらも懸命に悟空を介抱する。

沼垂ののおかげで斉天大聖となって悟空は復活。

 
だが悟空は凄まじい勢いで妖力を全開にさせ暴走。

八戒は悟空と壮絶に争い、ようやく悟空の暴走を鎮める。

 
そこへ三蔵が戻ってきた。
三蔵は悟空を襲った犯人捜しのためにヘイゼルと組んだ。

ある村でまたもや妖怪に襲われたが、カドと三蔵の銃撃でほぼ解決。

そんな時、ヘイゼルが斉天大聖の話をした。
三蔵の誰から聞いたのかとの問いに、ヘイゼルは答えようとしない。
 
悟空、八戒、悟浄の3人はジープに乗り、三蔵を探しながら西域へ向け出発した。
だが、今の3人はほぼ無一文のためバイトをすることに。
ところが、3日と持たなかった。
 
ついに3人は無銭飲食をし、砂漠へと逃げ込む。
けれど、砂漠の暑さと飢えに苦しみ倒れたのを村の少女に助けられる。
3人が少女に連れて行かれたのは砂漠の中にある妖怪だけの村だった。
 
悟空がその少女と仲よくなり、3人はしばらくこの村に滞在することに。
その頃、三蔵とヘイゼルは、丘の向こうにある人間の里で歓迎を受けていた。

第8巻のあらすじ

三蔵一行が西域へ向かっていたところ悟空が狙われる。

三蔵は悟空、八戒、悟浄の3人と一旦離れ、真犯人を特定するために
ヘイゼルと行動を共にする。
 

三蔵とヘイゼルは、砂漠を彷徨う途中、人間の村に到着した。

一方、悟空、八戒、悟浄の3人は西域へ向かう意味を失いかけたまま妖怪村にいた。

 

三蔵とヘイゼルを迎えた人間の村では妖怪を絶滅させる策を練っていた。

悟空、八戒、悟浄の3人は妖怪たちの手伝いで日夜水を汲みに出かけていた。

いつものように水汲みにいっているとその間に、人間たちが村を襲撃し焼いてしまう。

三蔵は人間と妖怪村が和解する日はいつ来るのかと思うのだった。

第9巻のあらすじ

悟空、八戒、悟浄の3人は三蔵と別れて西域を目指す。

三蔵は悟空を襲った犯人を捜すためヘイゼルと一緒に行動していた。

 
ある日、三蔵の目の前に妖怪たちと共に天空で人体蘇生実験を
進めるチャクラを持たない異端の三蔵法師、烏哭が現れる。

彼が悟空を襲った張本人でもあった。

彼が持つ無天経文の威力は凄まじく万物を無に葬ることができる。

烏哭の目的は、玄奘から2つの経文を奪うことだった。

さらに、三蔵の見てきた景色、育った環境、三蔵を取り巻く者たち
すべて三蔵を形作るものを無に帰してしまおうと考えていた。
 

烏哭との打ち合いに負けた三蔵は、奈落の底に落ちる寸前、何者かに助けられる。

それは悟空、八戒、悟浄だった。

朦朧とする中三蔵は悟浄と悟空のいつもの痴話喧嘩を聞いていた。

瀕死の重傷だったが、八戒の気功術で傷はみるみる癒されていった。

 
そして、三蔵の意識は戻った。

第10巻のあらすじ

悟空は自分の心が少しずつ変わってきたと感じていた。
だけど、1つだけずっと変わらない大切なものがあるとわかった。
 
烏哭は、邪魔な三蔵を殺して、科学者ニージェンイーの元に、悟空、八戒、悟浄、ヘイゼル、カドを
連れて帰り、希少価値の高い生体研究にしようと考えていた。
 

陽が沈み、暗闇が訪れると、烏哭との戦いが始まる。

三蔵一行とヘイゼル一行6人がかりでも、烏哭を撃つことは容易ではない。

烏哭の挑発に乗るヘイゼルを庇ってガドは半身切断をされてしまった。

ヘイゼルは怒り狂い、烏哭に挑むがまったく歯が立たない。

 
烏哭はヘイゼルに最後の一打を加えたため、崖から崩れ落ち尽き果てた。
 

三蔵一行は皆それぞれ烏哭との戦いで深手を負いながらも、お互いを守り助け合ってきた。

そして、先に傷の癒えた三蔵は油断した烏哭の脳を拳銃で打ち抜いた。

急所は外れてしまったが、烏哭は姿を消した。その日以来彼は姿を現さなかった。

 
三蔵一行は西域への旅を再開した。
 
そして数日後、死んだはずのヘイゼルがある村で助けられていたことを知る。

まとめ

アニメ『最遊記RELOAD -ZEROIN-』は漫画「最遊記RELOAD」のどの部分?

 アニメ『最遊記RELOAD -ZEROIN-』は、原作漫画「最遊記RELOAD」の
 4巻から10巻「Even a Worm」編を完全アニメ化したもの

 

最遊記のTVアニメシリーズは5作品

      

  • 『幻想魔伝 最遊記』全50話
  • 『最遊記RELOAD』全25話
  • 『最遊記RELOAD GUNLOCK』全26話
  • 『最遊記RELOAD BLAST』全12話
  • 『最遊記RELOAD -ZEROIN-』

 

 

今回の作品と過去に放映された「Even a Worm」編のちがいは

      

  • 前作はアニメオリジナルのストーリー
  • 今回の作品は原作漫画のストーリーを完全アニメ化したもの

 

 

漫画「最遊記RELOAD」の4巻から10巻「Even a Worm」編あらすじ

 
さいごまでお読みいただきありがとうございました。