WordPressのバックアップ&リストア(復元)

ワードプレスを触ってから、ずっと気になってたのが、自分がいろ

いろやってる内に、突然おかしくならないかという不安でした。

正常に動いているときでさえ、マゴマゴしてるのに、おかしく
なったらと思うと、

ワードプレスの色んな機能やプラグインなども積極的に使う
気にはなれませんでした。

この辺の心境は、パソコンをやり始めたころとかなり似てると思い
ました。

そんな状況が劇的に変わるときがある日訪れました。

パソコンのいい状態の時をそっくりそのままバックアップして、
調子が悪くなった時には、

そのバックアップしておいたファイルから復元するという方

法に出会ったときでした。

パソコンを、何度もおかしくさせ、何時間もかけて再イン
ストールしたことが何回あったことか。

まあ、そのおかげで、インストール名人に
なりましたけど。

そんなときに「バックアップ&リストア」というのを
目にしたのです。

「バックアップ&リストア」これができるようになれば、思う存分
いろんなカスタマイズや実験もできると思うと、何日も何日も色ん
なやり方を試しては絞り込んでいきました。

そして、ついに

バックアップ&リストアを身に着けました。
わざとおかしくなるように、システムファイルをいじって、
「リストア」で元通りになったことを確認したときには

「最高!」

と叫びたくなりました。

そしていま、

WordPressを前に、萎縮してる自分がいる。

「そうだ、WordPress もバックアップ&リストアを覚えれば」

という思いに駆られ、正月休みの中探して、先程ついに自分に

ピッタリのを見つけました。

■ Dropbox Backup & Restore 
WordPressのファイルデータベースをサーバーとDropboxに
バックアップ&リストアできるプラグインです。

事前に準備するものは、Dropboxのアカウントだけです。設定ら

しきものといったら、Dropboxとの連携認証くらいです。

おおまかな流れでいうと
1)プラグインをインストールし「有効化」すると、
 「Dropbox Full Backup」というメニューが追加されます。

2)このメニューをクリックし

  画面右側にあらわれる「Connect to Dropbox」オレンジ色
をクリック。
3)Dropboxとの連携認証画面が表示されるので、「許可」をクリック。
ブラウザでDropboxにログインしていない場合は、ログインを求
 められます。
4)「Connect to Dropbox」オレンジ色の下の方に
  「Dropbox successfully connected」と表示されれば、
    Dropboxとの連携完了です。これで準備は完了です

バックアップ

 画面左の「Create Dropbox Backup」ボタンをクリックする

 と、Dropboxへのバックアップが開始されます。右の
 「Create Local Backup」ボタンは、ローカル(サーバー内)
   のみにバックアップファイルを作成し、Dropboxにはバック
 アップしません。
 注意する点は、Dropboxにバックアップするときでも、バックア
ップファイルは一旦、ローカル(サーバー内)に作成されから、
Dropboxにバック転送されるので、サーバーもにある程度の空き
容量が必要になることです。
リストア(復元)
 
バックアップデータの一覧が表示されるので、該当するデータの
右側にある「Restore」ボタンをクリックするとバックアップが
開始されます。無料版でこの機能ですから、大満足です。
以上、ざっくり説明しましたけど、簡単そうなのは伝わったと思
います。
スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告