コーヒーのあれこれ

私がコーヒーのおいしさを知ったのは、小学校4年生のときでした。                               日頃、親達がコーヒーを飲んでるのを見てあまりにおいしそうなので、せがんだら「子供には良くない。頭が悪くなる 」などとはぐらかされてたが、飲んではいけないと言われたら、余計飲みたくなるし、頭はこれ以上悪くならないという自信?も手伝って、以外にも早くそのチャンスはやってきた。ある日学校から帰ると、家には誰もいなかった。コーヒーは普段目につかない所にしまってあったが、場所は心得ていたのですぐに取り出すと、こうしている間にも誰か帰ってこないかと内心ビクビクしながらも普段親が作ってた分量(これも記憶してた!)で、急いでこしらえ、一口飲んでみた。

「おいしい、これが大人の味!」

コーヒーの香りと苦味の中から砂糖の甘さがうまく追いついて、程よい味になっていくのを楽しんでる自分が、少しだけ大人の世界に触れた瞬間だった。それから貪るように飲み干した。私はよほど運がよかったのだろう、頭は予想通り今まで以上には悪くはなってないようだった。

 今、世界で飲まれてるコーヒーの年間消費量は約5000億杯!(1日約13億杯!)と言われてますがここでコーヒー好きな方に朗報です。国立がん研究センターによると「日本人でコーヒーを1日3杯以上飲む人は、脳腫瘍を発症するリスクが低い」という研究成果があります。コーヒーに含まれるクロロゲン酸やトリゴネリンという成分には抗酸化作用などの働きがあり、発症を抑えた可能性があるという。

また、ハーバード公衆衛生大学院の研究によると、コーヒーを飲むと男女ともに自殺率が50%低下するということが明らかになってます。ほかにもコーヒーポリフェノールの摂取量の多い女性ほど、シミが少ないことが知られていて、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」というポリフェノールが、シミの原因になるメラニンの生成を抑えてるためとと考えられています。

蛇足ですが、「蜘蛛にコーヒーを飲ませると酔っぱらう。」という有名な実験がありました。
実際は酔っぱらってるわけじゃなくて、コーヒーの成分のひとつであるカフェイン=薬物の作用(薬物乱用状態?)になりメチャクチャに正常に網を張れなくなってしまうのです。
Youtubeに動画がありましたので興味のある方は是非検索してみてください。
スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告

コメント

  1. sinichi より:

    運動する前にブラックコーヒーを飲んだら代謝がよくなり痩せるみたいです