上野動物園のパンダ シンシンが出産!気になるレンタル料って?

日本にいるパンダはレンタルって知ってました?

そして、生まれた子供もとうぜんその動物園の

ものとはならないんですね。

そんな生臭い話はとりあえず置いといて

今回は赤ちゃんパンダにまつわるお話です。

今回生まれたパンダの赤ちゃんはオス?メス?

6月12日正午前、上野動物園で平成24年

以来、5年ぶりのパンダの赤ちゃんが誕生

しました。

いやー、めでたい。

さて、今回生まれた赤ちゃんパンダは

オス?それともメス?と誰もが知りたい

と思います。

どっちと思います?

。。。。。。。?

正解は、わかりません。

もったいぶっているのではありません。

実はパンダのオスメスの区別はかなり

難しく、専門家でもしばらくはわからな

いそうです。

「じゃ、しばらくってどれくらい?」

怒られそうですが、これ又長く

3年くらいだそうです。

パンダのメスは3年位で発情期を迎える

ので、発情期のメス特有のしぐさが見

られたら、メス。そうでなければオス。

ってな具合で、

しかも

発情期にも個体差があり、3年くらいして

メス特有のしぐさがみられなくても、たま

たま平均より遅めのメスという可能性も

あるというじれったい話です。

ですから、気長に待ちましょう。


日本にはどれだけパンダはいるのか?

2016年現在のデータで見ると

上野動物園  2頭

神戸の王子動物園  1頭

和歌山アドベンチャーワールド 8頭

計11頭が日本にいることになります。

予想してたより多いのでちょっと驚き

でしたが、それ以上に

和歌山アドベンチャーワールド 8頭

このダントツに多いのが気になりました。

あと、一番気になってたのが石原都知

事が以前パンダが生まれたらどういう

名前がいいとの質問に

「センセン」「カクカク」とつけたら

いいと言った後、

年間1億ものレンタル料

とか言ったのを聞いてビックリしたのを

思い出しました。


パンダのレンタル料はいくらくらいなのか?

一概には言えないとは思いますが、今回の

上野動物園の

シンシン(メス)

リーリー(オス)

2頭で約8000万円 で10年契約で約8億円

だそうです。

しかも今回のように子供が生まれると、

両親のどちらかが中国国籍なら中国の

国籍になりレンタル料が発生します。

今現在、世界で中国国籍以外のパン

ダは数頭しかいないらしく、性別

や年齢などを考慮すると中国国籍以

外のパンダの出産はありえないそうです。

パンダって金のかかる動物世界一で

ギネスに載ってたりしてるのかな。


パンダは笹以外にも食べるのかな?

笹やリンゴ、そして馬肉(もともとが肉食)

を動物園では与えているそうで、一日あたり

約1万チョイの食費がかかるそうです。

最後に

今回の上野動物園の

シンシン(メス)とリーリー(オス)の

2頭とも2005年生まれの12歳

人間でいえば×3で36歳(多分)?

今後も話題を提供してくれることを

楽しみにしてます。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告