格安SIMを使って変わったこと

今、格安SIMの利用者がどんどん増えているそうですが、それでもスマホ利用者の1割程度というのを聞いた時、意外に少ないと思いました。しかも将来も使う予定はないと答えた人が全体の半数以上いると聞いてその理由がどうしても知りたくなりました。

そして…その理由を知ってなるほどと思いました。今利用しているキャリアの方が安心だからというものだった。逆に言えば格安SIMというものは安かろう悪かろうというイメージがあるのでしょうね。多少でも興味があれば、もともと安いわけだから、試しにデータ通信の安いヤツとかで1,2ヶ月使って見て、よければ通話もやってみようとかならないのかと、思ったりもしましたが、そうなると多少ある程度は自分で調べたりもしないといけないわけですから、要は面倒くさいということでしょうか・

格安SIMに移行しない人の大多数が、 不安が原因で躊躇しているというのであれば、その不安を払拭するためにMVNOの方でお試しキャンペーン的な(アプリでいえば期間限定で体験版を利用して気に入ったら、そのまま製品版に移行するような)のを一週間ぐらいレンタルとかで実際に経験させれば、今尻込みしてる層の需要を掘り起こせるんじゃないかと思ったりもしますけど。

逆に、なぜ安いのかという理由を具体的にわかりやすく説明することも、「安い=悪い」の
イメージを和らげてくれますし。今思い出しましたけど、私自信最初に「格安SIM」という言葉からは安い代わりにチャチですよ的なイメージはやはり抱いていたような気がします。でも私の場合は迷ってる暇がなくて、もともと安いから駄目なら駄目でやめればいいしってノリで始め、いろいろあったけど、今現在やって後悔したという気は全然ないし、それどころかもっと早くやってたらと思ったりすることもあるくらいになってるわけですから、不安が原因で移行に踏み切れないという人でも、事前に経験出来るようなサービスとかがあれば、後は決断していただけるのではないかと思います。今日は格安SIMを熱く語ってみました。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告