ニコラ・テスラは超天才なのに知名度はエジソンに及ばない理由は?

世紀の天才

ニコラ・テスラ

そんな彼に比べたら、発明王エジソンは

凡人にみえてしまう。

でも、実際の知名度は

エジソン まずほとんどの人が知ってる。

ニコラ・テスラ だれ?

天才は、時の権力者にとっては

厄介な存在?って思った話です。

悲劇の天才ニコラ・テスラは、エジソンが凡人に見えるほどのすごい人だった

1856年に現在のクロアチアで誕生した

ニコラ・テスラ(NIKOLA TESLA)

実は、知ってる人より知らない人が多いと思
います。

逆に

トーマス・アルバ・エジソン

あの「エジソン」です。

はい、全員知ってますよね。

エジソンが凡人に見えるほどの天才

なのにほとんど知られてない。

交流電流

ラジオやラジコン

蛍光灯…

これらは、みんなニコラ・テスラの

発明の一部です。

送電システムとしてエジソンは、

直流を利用してましたが、それだと

長い距離を送電できないため、

発電所が近くになければならなかった。

そんなときに、ニコラ・テスラは

「交流」なら

送電時の摩擦が少ないので、

長い距離を送ることが出来る

と唱えて、

ピッツバーグの鉄鋼王

ジョージ・ウェスチングハウスに

認められ、テスラを

「顧問技師」として

現在の約2400万円(月給ですよ!)

で迎え入れられるのです。

これから、順風満帆かと誰もが

思いますよね。

でも彼は天才なのです。さらに進化させた

電線ナシで電気を送るという実験で

約40km先にある200近くの電球を
点灯させたそうです。

無線送電システム(世界システム)が、

もし実用化されれば、世界のどこでも

コンセントなしで電化製品を使えるように

なるというから、驚きです。

これを百年以上も前にやろうとしてたの

だから、驚きです。


ニコラ・テスラは権力者にとっては最大の脅威

道具は使う人によっては恐ろしい武器にもな

りえるわけですが、

当然彼の数々の発明にもこれらの危険はつ

いてまわります。

たとえば、彼の発明した

「アイソレーター」という装置は

小さな装置だが、地震を発生させる

ものだったり、

これは噂話の域を出てませんが、

ズバリ

「光線兵器」とか「デス・レイ」

と呼ばれてるのがあります。

これらの話には、

マッド・サイエンティスト
(狂気の科学者)

として、彼を貶めようとした

エジソンや他のライバルたちの

単なる作り話ではないかとの説も

あるけれど、

実際どうなのかは、今となっては

知るよしもないし。

で、でもですよ、

彼の死後、米政府は彼の持ち物を

没収してるのですが、

情報公開法による文書開示請求に

応じたFBIの文書には

「空想の武器などではなく、

リアルなテクノロジー」

とあるそうです。

あなたなら、どう思います?

わたしは、少なくとも完成間近までは

いってたと思います。


さいごに

ここまで見てくると、最大の疑問が

残りますよね?

そう、なんでこんな天才を、

ほとんどの人が知らないのか?

これはもう、意図的に葬りさられたと

しか私には思えません。

でも、いつとは言えない将来

きっと彼 ニコラ・テスラが最大に

評価される日がくると確証してます。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告