AT車で左足ブレーキ右足アクセルはあり?

今日たまたま、目についた記事に、

「AT車のブレーキは、左足で踏むべき?」

この質問に、肯定派も否定派も意見が多数

どちらも一歩も引かない雰囲気。

私は、もう二十数年ずっと

左足ブレーキ・右足アクセル派。

だけど、このことはあまりまわりには言

わないようにしてます。

(いや言いづらいと言ったほうがいい)

でも、今日目についた質問への回答をみて

左足ブレーキ派の意見を聞くと、間違いで

はなかったと思えてきました。

これからは少しづつまわりに伝える勇気が

出てきました。

そこであなた質問、

AT車のブレーキを踏む足は

あなたは「右」、「左」どっち?

AT車のブレーキも右足で、それとも左足で踏むのがいい?

日本の自動車教習所では、

AT限定免許でも運転講習では

「ブレーキペダルも右足で踏むこと」

になっているようです(例外ありみたい)。

万が一左足でブレーキを踏もうものなら、

教官に怒られるのは確実でしょう。

ところが、

道路交通法などの法律においては

ブレーキペダルを踏む足に

「特に規定はない」そうです。

これにはちょっと

「えっ」ってなりました。

左足ブレーキ派の言い分としては

普段から左足はブレーキ、右足はアクセルと

使い分けておけば、いざというときでも、

踏み間違えることもないからより安全。

最近の踏み間違えによる事故の防止にも

なるわけだし。

それに対する

右足ブレーキ派の言い分は

でも人はパニックになると両足で踏ん張ろう

とするから、左足でブレーキ踏むのと同じ様

に右足でアクセルを強く踏みつけるから、

制動距離が伸び、かえって危険だよ

ワタクシゴトですが、

以前、会社の帰り道で車を走らせていると突

然道路脇から犬が飛び出してきました。

すかさず

急ブレーキ!

私は左足ブレーキ派なのでもちろん、

そのときも左足でブレーキを踏みました。

もちろん右足は離してます。

飛び出してきた犬は無事でしたが、驚いてど

こかへ走り去っていきました。

このことがあってから、私は逆に左足ブレーキ

でよかったと思いました。

急ブレーキなんて教習所以来、特に練習してな

いですが、日頃ブレーキは使いますよね。

あたりまえと怒られそうですが、普段の慣れが

いざという時のパニックブレーキにもつながる

のではと思ってます。


右足アクセル+左足ブレーキは踏み間違い事故防止

高齢者がブレーキとアクセルを踏み間違えて

の事故をニュースでよく目にします。

でもこれって何も高齢者だけではないみたい。

パトカーや救急車でも結構あるとか。

またまたビックリですね。

その理由を私なりに考えてみたんですが、

こういう職業って極度の緊張を伴うという点で
まず共通してますよね。

そういうときは誰でもミスを犯しやすい

状況にあると思うんです。

左足はブレーキのみ、右足はアクセルのみ

ワンパターン(つまり単純)

上り坂や車庫入れなど、ブレーキとアク

セルの踏み加減を微調整しながらできる

普段、右足でアクセルとブレーキをやって

るひとでもこのときだけ使用してる人も。

ブレーキもアクセルも右足でかけもち

ある程度のテクニックが必要。

完全に私のこじつけですが、

踏み間違いによる事故防止という点では

左足はブレーキのみ、右足はアクセルのみ

に理があるように思えました。

私は30年余り左足ブレーキ派で、今後も変

えようとかは思いませんし

また、逆に他の人にすすめるつもりもない。

各自が自分に合ってる方をやればそれでいん

じゃないかと思います。

ただできればこれから、自動車教習所でも

「右足ブレーキ」か「左足ブレーキ」を選択

できるようになればと思いますが、…

ダメですかね?


さいごに

私も免許取りたての頃は、右足派でした。

左足ブレーキに変えたのは本屋で目にした

アメリカでのAT車の運転についての記事で

した。

「右足でアクセル、左足でブレーキ」

の合理性を説いた内容でした。

最初読んだときはビックリしました。

全く考えたこともありませんでした。

でも読んでいくうちに

「ナルホド」と納得させられました。

いきなりというわけにもいかないので

会社の駐車場で何度か練習してコツを

つかみました。2時間ほどだった。

それ以来現在まで続いてます。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告