知ってびっくり日本はアメリカを抜いてAT車普及率世界一 だった!

99% 90% 25%

何の割合だとおもいます?

実はこれは、AT車の割合の数字で

左から順に

日本、アメリカ、ヨーロッパ

なんだとか。

そう、我が日本は世界一のAT車

普及国だったんです。

日本は世界一のAT車普及国だった

私の中では、AT車の普及率といえば、アメ

リカが断トツだと思ってました。

ところが実際はというと

アメリカ 90% となっていて

気になる日本は、何と

AT車 98.5%

MT車 1.5%

もうほとんどAT車なんですね。

しかも、日本には

「AT車限定免許証」

というのもあって、

女性の約8割、男性の3割

こちらの免許を取得してるんだとか。

どうしてこんなにも極端にAT車と

MT車の割合が開いたのでしょうか?

思いつくのをあげると

  • MTにくらべて運転操作が非常に樂
  • AT車にくらべて燃費がいいという
    MT車の優位性が薄らいでる。
    (エコカーとかハイブリッドなど)
  • 運転を楽しむなど、趣味としてもつ
    ひとが減っている。

こんなものでしょうかね。

「AT車限定免許証」

には、こんなメリット(?)も

教習時間が短く、費用も安くなる

私の時代にはこういうのは無かったけど、

もしあったら、こちらを取得してたかも。

ちなみにヨーロッパでのAT車の普及率は

約25%

あなたなら、これをどう思います。


AT車を運転するときに、ブレーキは右足それとも左足?

この質問をするにはかなり勇気がいります。

というのも、この手の記事はたくさん見か

けるのですが、

肯定派と否定派のそれぞれの意見が、

永遠に交わることがないように私には

思えてしかたありません。

わたし自身は、もう何十年も右足で

アクセル、左足でブレーキと使い

分けで無事故で今日まで運転して

ます。

だからといって、圧倒的に右足で

アクセル、ブレーキをこなしてる

ひとに、すすめるとかという気は

ありません。

日本の教習所では右足ブレーキを基本に

指導するよう政府方針がしめされている

のを根拠に絶対右足がよくて、左足は

危険というかたもみうけました。

それとは逆に、アメリカ人の多くは

左足ブレーキだとか、現地に赴いた

ときに、最初に「一週間やるから

その間に左足ブレーキをマスター

するように」と言われた経験をもつ

人の話もみました。

あくまでも私個人の意見ですが、

その人にあってれば、右でも

左でもありなのではと。

わたしなど、いまさら、右足で

アクセルもブレーキもと、考えた

だけでも自信ないです。


さいごに

AT車とMT車では、圧倒的にAT車の

事故が多いという話の中で、

ニュースでもよく出て来る

ブレーキとアクセルの踏み間違い

今日初めて見たので真偽のほどは

まだわからないのですが、

左足ブレーキ肯定派が利点として
あげてる

「左足はブレーキ、右足はアクセルと

役割分担していれば踏間違いによる

事故は起きない」というのをもとに

事故防止対策の一つとして検討され

ているという記事をみかけたのです

が、肝心な引用元がなかったので

さがしてみようかと思ってます。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告