睡眠が健康に与える影響がハンパない!快眠もダイエット

康のために睡眠がどれだけ大切かは、

いまさら説明はいらないと思います。

そして、健康であるためには質のいい睡眠をとる

ことが重要です。(そんなことはわかってる。

早く先を進めろと)

快適な眠りにつくために、寝る前にした方がいい

こと、しないほうがいいことがあると知ったので

これらを整理してこれからの快眠生活を築こう

と思ったわけです。

つまり、

「真剣に眠ってみよう」という気になったわ

けです。

たかが睡眠、されど睡眠

さらに睡眠以上に、みなさんが関心を寄せ

ているであろうダイエットとも密接な関
係があったのです。

睡眠不足になると空腹ホルモンが増加し、太る原因に

睡眠不足になると、空腹ホルモンが約15%増え、
満腹ホルモンは同じくらい減ってしまいます。

ということは、食欲が増進するのと、空腹感が

増すことで、太る原因に直結してしまいます。

さらに腸が不調になり(ダジャレじゃないです)、

慢性的な便秘の原因に。逆に慢性的な便秘(私の

まわりでは女性に多いような)のかたは、寝不足

などが原因かも知れないですね。

腸は第二の脳と言われているほど、脳の感情と

ダイレクトにつながってる非常にデリケートな

臓器で、脳に次いで、2番目に神経細胞の多い

部位だそうです。

あと、風邪とか病気になるとよく、あったかくして

よく眠りなさいとかっていわれるじゃないですか?

睡眠不足になると、免疫力が弱まるので病気になり

やすくなるわけで、逆に睡眠をたっぷりとることで

免疫力をパワーアップするわけです。

快眠で1日あたり約300kclの脂肪を燃焼する

な、な、なんと、しっかり寝るだけで、

1日あたり300kcalの脂肪を消費してくれます。

(寝るだけですよ。スゴーイ、スゴ過ぎる!)

逆に寝不足だと、90kcal程度しか消費されない

つまり、快眠したときに比べ210kcal残るわけです。

ということは、 体脂肪1㎏を7,200kcalで換算すると

仮に寝不足が1か月続いたとしたら、900gずつ太る

計算になるわけです。

睡眠が不足=体重が増える

これを悪魔の方程式と言うとか言わないとか。

恐るべし、睡眠不足

寝る前にやったほうがいいこと、よくないこと

まず寝る前に飲んだほうがいい飲み物としては

あったかいお茶(テアニンを含んでいるため)を

眠りにつく30分ほど前に飲むのがいいと。

逆に意外だったのが、ココアで、ココアに含まれ

るテオブロミンというのが、自律神経を調整し、

リラックスした状態にしてくれるのだが、

テオブロミンは同時にカフェインよりは弱いが、

覚醒効果もあるため、就寝前には向かないとのこと。

私はココアが好きで、特に冬場の寒い時期には、

寝る前によく飲んでたが(つい最近まで)、

これを機にやめることにしました。

そして、というかやっぱり

寝る前の食事もNG

消化活動に入ったままの睡眠のため

どうしても睡眠が浅くなる。

あと、眠る時の温度や湿度とし最適なのは

温度は25~28度前後

湿度は50~60%辺り

だそうです。

最後に

睡眠時間の年代ごとの目安として

10代前半:8時間以上

20代~30代:7時間

30代~60代:6.5時間

60代以降:6時間

これに付いては、かなり個人差があり、

各自で「日中に眠気を感じない」とかの

判断でよいそうです。

蛇足ですが、普通の健康な人間が全く、

一睡もしないで過ごすとしたら3~4日

が限度で、過去にスタンフォード大学の

学生が打ち立てた264時間(11日)と

いう記録が、ギネスで廃止される前に残ってる

最高だそうです。(これ以上は生命にかかわる

ということで廃止された)

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告