スマホでアラームやスヌーズが便利!でもそれが睡眠障害の一因に

スマホって便利ですよね。

電話はもちろんチョットした調べ物したり、
動画や写真を撮影したりと。

アプリによっていろんなことをこなして
くれます。

そのせいで、つい夜遅くまで夢中になっ
てと。

でも大丈夫!

アラームでちゃんと寝過ごさないよ
うに起きられます。

もし一回で起きられなくても、
スヌーズ機能で確実に起きられる
から安心。

ところがです。

スマホが睡眠障害の原因になる
からアラームやスヌーズ機能は
やめたほうがいいという話です。

なぜスマホをアラームにしたり、スヌーズを使うのがNG?

アラームにするということは、すぐ近くに置くということですよね。

実は携帯電話から出てる放射線が、起きて
るときに出るべきホルモンの分泌を促して
しまうのです。

ということは、

逆に眠ってるときに出るべきホルモンとい
うのもあるの?と思ったあなた、

鋭い!

「セロトニン」というホルモンがそれで

これが分泌されるのが、かなり遅れてし
まうことになり、

その結果眠りにつくのを遅らせてしまう
のです。

現代社会に生きる我らとしては、眠ると
決めたら、すぐに眠れる環境を整えるこ
とが、時間の節約にもなるし、

もちろん、健康にもいいわけですから
スマホを目覚まし代わりにしてたら
これを機に改めてみてはどうです?

じゃ、どうすればいい?

スマホをアラームにしてる人はけっこう
いると思うのです。

便利です。ただです。財布に優しい
です。

実は何をかくそう私もその一人です。
いや、つい10日ほど前までずっと使
い続けてました。

で、スマホの睡眠に及ぼす悪影響を
知った単細胞のわたしは、古くから
ある目覚まし時計に切り替えました。

すると、3,4日したあたりから夜中に
たびたび目が覚めるということが、
なくなり

その結果、

朝の目覚めが

快適

であります。
目覚まし時計、昔からシンプルな道具

これですよ。

目覚まし時計も今の時代進化した製品
も出てるようで、

光目覚まし時計

というのに、最近興味をそそられてまして

従来の目覚ましのように設定した時刻に
アラームがなるというのは共通ですが、

朝、徐々に日が昇って明るくなるのを
模して、指定した時間から徐々に光が
強くなっていき、アラームが鳴る頃に
最大になるという凝りようです。

使った方の感想を聞くとかなり
快適みたいで、従来の目覚ましの
けたたましい音で目覚めるより
いいそうです。

いろいろあるので、現在物色中です。

まとめ

スマホは確かにべんりです。アプリに
よって色んな機能をこれ一台でこなし
てくれるすぐれものです。

だけど、睡眠にとっては悪影響を及
ぼすということだから、素直に旧来
の方法に戻ることにしました。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告