バランスボールの活用 意外編

スポンサーリンク
336×280広告

いきなりですが、

以前

バランスボール 体幹
検索

で検索した際に、検索結果の下の方に

バランスボールを椅子として活用…の記事が

何かおもしろそうだと思い、ちょっとのぞいてみました。
最初はちょっとふざけたくらいの記事くらいに思ってました。

ところが、読んで行くと、

  1. 腰痛の改善や予防になる
  2. ひとりではなかなか出来ないストレッチが簡単に出来る
  3. 背筋を伸ばさないと安定して座れないので、姿勢が良くなる

メリットがいろいろ書いてあった。上の2は私も激しく同意。

背筋のばしストレッチが取り上げられていました。

バランスボールを使った背筋のばしストレッチのやりかた

ボールの上に腰掛けたときの位置に背中が来るように
腰を前に移動させて重心を移動させ、その状態で両腕を頭の
方に伸ばしながら背筋を伸ばします

更に記事の中では、バランスボールを椅子代わりとして取り入れて
る会社の例が複数取り上げられていた。

恐るべしバランスボール!

でも、メリットがあれば、デメリットもあるのが普通ですよね。

ちゃんと、書いてありました。

デメリット

1.疲れる

バランスボールに座るということは、結局、筋肉を使い続けて
いるということですから、普通にイスに座るよりも疲れます。
ボールを静止するために筋肉に常時負担がかかるわけですから。

2.集中力が低下する

バランスボールの上での不安定な作業は直感的なアイデアやヒ
ラメキをともなう作業には向いてるかも知れませんが、事務作業
などでは、ボールの揺れを静止させようと筋肉を使っているとい
う意識が逆に論理的な思考の妨げになる場合も。

「バランスボール最高!」とか「いいことばかり」って展開だと

返って「なんかおかしい」とかって方向にいきますが、

いい点、悪い点を併記されたのをみると、もうこれは説得力あり
ますね。

そこで、今回の「バランスボールを椅子代わりに使う」という
件を私なりに考えた結果、

今までの椅子との併用で行う

ということに落ち着きそうです。

理由はやはり、論理的な思考を妨げてはならないからです。
永遠に無縁な心配かもしれませんが(#^.^#)

ここ最近、久しぶりに会う人に「もしかして痩せた?」とか
言われる度に「バランスボールやってから…」という感じで
話してたのを反省しないといけません。

確かに個人的には、バランスボールをやったから安定的に
痩せられたという思いはあります。

でも、人には個人差もあるし、また私が気にもとめてない、
バランボール以外の影響がある可能性もあるわけですから。

それらを含めて話すことが、誠意のあることだと改めて
感じました。いい点と悪い点を「バランス」よく。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告