ファーウェイ のスマホを購入、使ってみての感想

記事冒頭

ファーウェイのスマホを使ってみての感想

ファーウェイのスマートフォン

『P10 lite』を購入して使い初めて

約1週間になります。

使ってみての感想を簡単にいうと

操作感 サクサク動くのが超快適!

ネット閲覧時など、逆に速すぎると

思ってしまうほどです。

私の場合、

Youtubeなどの動画はもっぱら

パソコンを使用してるので、

スマホは主に

Gメール(Lineはやってません)

電話

カメラ

ツイッター

調べ物

などで、あと

ギターのチューニングに

『gString』

というアプリをいれて利用。

Xperia Z1のバッテリ交換時の

予備機として購入。

ところが思わぬ誤算発生!

こちらがメインとなる気がしてます。

なにを隠そう、私は中国製に対して

ネガテイブな印象を持っていました。

『安かろう悪かろう』

というやつです。

今回意を決して購入したのは

勇気が要りましたが、

今は結果に

『大満足』です。


ファーウェイが私の中国製に対するイメージを是正

スマートフォンにおいては、出荷台数

シェアともにサムスン、アップルに次

いで

世界第3位

何とそれがファーウェイだということを

同社の製品を購入してから知りました。

でも特にわたしが興味深く思ったのは

ファーウェイ・ジャパンが

求人広告リクナビ2018に掲載した

エンジニアの月給

新卒の大卒者 40万1000円

修士修了者は43万円

完全土日祝休み

という内容でした。

2016年の日本での

大卒初任給の平均が 約20万円

修士修了者 約23万円

に対してファーウェイの厚遇が

際立ってます。

でもそれ以上にファーウェイの発展の

原動力と思ったのが

『社員持株制度』

10数万人いるといわれるファーウェイの

社員の実に8万人あまりが株を持っている

ため、会社の利益がアップすると

ファーウェイの社員の給料も上がるとい

う仕組です。まさに運命共同体!

そのせいか社員の結束も強い

ファーウェイのスマホを手にしてから

中国製=安かろう悪かろうという

私の偏見はどこへやら。

それどころか、快進撃を続けてる

ファーウェイの経営のありかたに

あこがれさえ感じます。

さらにファーウェイは毎年、

売上高の10%以上を研究開発に投資

していて、さらにさらに(ちょっと興奮)

2008年に初めて

国際特許出願件数世界1位

それ以降も毎年5位以内をキープ

もうひとつの私の偏見

中国=パクリ

というのは、通用しないですね。


さいごに

今では知人からスマホの購入を検討

してるが、

『おすすめは?』と聞かれるたびに

『ファーウェイ』というのが定番に。

じっさい購入後の感想も上々です。

今回、スマホそのもののコスパの

よさにいい収穫だったと思う以上に

これまでのかたよった考えを

改めることができたことが最大の

収穫だったということになりますね。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告