3代目ジェームズ・ボンド007ロジャー・ムーア氏が死去89歳


007 ジェームズ・ボンド役で有名な

ロジャー・ムーアさんが亡くなった

とのニュースをみて、驚きと同時に

無性にボンドに会いたくなり、久々に

DVDをみながら、振り返ってみました。

ジェームズ・ボンドことロジャー・ムーアさん死去

スパイ映画で有名な007シリーズで長年、

ボンド役をしてたロジャー・ムーアさん

が、スイスでガンで亡くなったそうです。

89歳でした。ご冥福をお祈りします。

007といえば、スパイ映画では今でもこれ

を超えるものはないと私は思ってます。

ロジャー・ムーアさんは、ショーン・

コネリー、ジョージレーゼンビーさんに

次ぐ三代目のボンドとなるのですが、

1973年~1985年と12年(歴代最多)も

やってたので、いかにこの役にはまって

たかが、わかります。

初代のショーン・コネリーさんのイメ

ージがあまりにも強いので、他の人では

務まらないとの話まであったのにですよ。

おまけに、というよりこちらがポイント

高いのですが、非常なスパイとしての

ボンドにユーモアのセンスを付け加えた

のもロジャー・ムーアさんからといわれ、

以後、4代目以降ボンドの重要なキャラと

してずっと引き継がれていきます。

ロジャー・ムーアさんって方はどんなひと?

ロジャー・ムーアさんはイタリア人の奥さん

との間に2男1女のこどもがいて、それぞれ

俳優、映画プロデューサー、女優と父親の

影響かなと思える職業についてます。

007引退後には、ユニセフの活動で日本にも

訪れたことがあり、アグネス・チャンさん

と一緒に国内の関連施設を訪れたこともある

ほど、ボランティア活動にも力を入れてること

から、非常にまじめなかただったんだなと

思いました。

その反面、

やはりというか、

2007年にはハリウッドの殿堂入りを果た

してますが、そのときに

「残念ながら007は引退した。
(理由は)ボンドガールが若くなりすぎ
たのか、私が年を取りすぎたのか」

とその場にいた人たちを笑わせる

ユーモアも。

印象にのこった作品とすごいエピソード

なにをかくそう007シリーズは大好きで

DVDはほとんど(多分全部)もって

います。その中での

ロジャー・ムーア三主演の作品は

以下の7本あるのですが

  • 007 死ぬのは奴らだ(1973年)
  • 07 黄金銃を持つ男(1974年)
  • 007 私を愛したスパイ(1977年)
  • 007 ムーンレイカー(1979年)
  • 007 ユア・アイズ・オンリー(1981年)
  • 007 オクトパシー(1983年)
  • 007 美しき獲物たち(1985年)

ダントツ個人的に面白かったのが、
ジョーズの出てくる
「007 ムーンレイカー」でした。

この映画の見どころの一つムーン

レイカーの打ち上げのシーンは実際に

NASAの技術者をアドバイスをもとに

リアルに再現したそうで、後に

本物のスペースシャトルが打ち上げ

られたときに

「ムーンレイカーの打ち上げみたいだ」

との話も。

エピソードも映画以上ですね。

さいごに

ロジャー・ムーアさんだけが、歴代の

ボンド全員と親交があるということか

らもうかがいしれるように、

ロジャー・ムーアさん演じるボンドは

見る人全てになにかしら温かみを感じ

させてくれてると思います。

あらためてご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告