医者や薬剤師は風邪薬を飲まないってナゼ?

「バカはかぜひかない」

おそらく、誰もが一度は聞いたことがあるかと。

わたしは、バカなのか風邪らしきものを10年に1回経験

することがあるくらいで、

わたしの場合は、聞いたことより、言われたことが

多いような気がする。

似たようなのに「 阿呆風邪ひかぬ」とあり、

今から230年ほど前には使用例があるというから

「バカは風邪ひかない」というのは真実なのだろうか、

もし真実なら、なぜバカは風邪をひかないのかと

気になり、ちょっと調べて見た。

バカは風邪ひかない
検索

「バカは風邪ひかない」の根拠は、意外なもの、ではなく

普通に納得できるものだった。

その前に、「医者や薬剤師は風邪薬を飲まない」という

理由が

  1. 風邪は薬では治らない
  2. 薬を飲まないほうが早く治る
  3. 抗生物質や鎮痛剤は免疫力を抑えてしまい余計長引く…

これからすると、

大多数の人が風邪ひいたときに薬を飲み、それで治ったと

思ってたのは、実はそうではなく

普通3~7日で治るのが(薬を飲んだことで)長引き

薬で治った(プラシーボ効果)のは、自然治癒ということ

になります。

で、先の「バカは風邪引かない」の話に戻りますが、

ざっくばらんにまとめると

バカ=ストレスを感じない
と、捉えればわかりやすいです。つまり

ストレスはビタミンCやカルシウムを大量に消費します。

すると免疫機能が、確実に低下します。

その結果、風邪をひく(わかりやすいですね)

じゃ、逆に風邪をなおすにはどうしたらいいのでしょうか?

自然治癒力を高めるだそうです。

この答えは、つい最近までの先祖が「ゾウリムシ」だった

単細胞のわたしには、すごい説得力があります。

自然治癒力とは人間が本来持っている身体を
自己回復させる能力

だから、これをどうやって高めていくかを考えていくと

  • 睡眠をたっぷりとる
  • 栄養のあるものを積極的に摂る
  • 体をあっためる
  • 炎症を抑える(消炎作用のあるものを摂取 ネギとか)

といったもので、普段からこれらを心がけていけば予防にも

なります。

シンプルイズベスト

風邪に効く薬を発明したらノーベル賞がとれるって話を聞いた

ことがありますが、先の「風邪は薬ではなおらない」に通じますね。

でも、風邪かどうかの判断を自分で下すのは注意が必要ですけどね。

以上、長々と語ってきましたが、

「バカは風邪ひかない」のもう一つの説

冬にひいた風邪に気づかず、春になり、夏になってようやく

気がつくという、それくらい愚鈍=馬鹿という解釈

この説にあてはまってたら、どうしようかと夜も眠れず

怯えてます。では、おやすみなさい。zzz

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告