イヤホンが意外と汚いことを知りショック!

私は音楽が大好きで、四六時中聞いてますが、歩くときには、ウォークマンをよく利用しています。買ったときについてたイヤホンも結構気に入ってましたが、なくしてしまいました。それで、本体だけでは話にならないので、去年の冬に新たに購入しました。以前のものはインナー型だったのですが、今回はカナル型を初めてでしたが購入しました。だいぶ前から興味はあったのですが、なくすまでは2つも必要ないと、思いとどまってました。

音質は、私にもハッキリ違いがわかりるほどで普段聞いてた曲が新鮮に聞こえたのは感動すら覚えるほどでした。それである日友人にもこの感動を伝えたくて(決して自慢じゃありません。決して?)、「聞いてみて」と言うと、「人が使ったイヤホンをそのまま使うには抵抗がある」と言われ、一瞬細かいことをと思ったけど、ウェットティッシュが近くにあったので、それで
サット拭いて差し出すと、今度は聞いてくれた。「すばらしい」の感想をもらい、その場は満足でした。でも最初に友人が言った言葉が気になり、「イヤホン 菌」で検索してみると、

イヤホンは、耳のバクテリアの量を11倍に増加させてしまうこともあるそうです。人はバクテリアをふつうに持っていて、他人とイヤホンを共有すると、合わないバクテリアが入ってくる危険性があります。運動中にイヤホンをつけてたりするとイヤホンをすると、バクテリアが増えるのに最適な環境になってしまう危険があります。…..ショックでした。

でも、「定期的に除菌(集1回でもOK)をすることで防げる」旨の記事があったので、速攻今までの分も含めて除菌してます。「持つべきものは友」なりかな。

ほかに身近なものの代表としては「スマホ」がありますが、指紋べったりのスマートフォンはまさに菌の温床で、英国の消費者情報誌が調査した結果では、なんと男子トイレの洗浄レバーの約18倍も汚れていることが判明したそうです。やはりここでも、「アルコールでスマホを拭いて除菌したり、使った後は手を洗うなど、菌への対策が必要」と指摘されてます。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告