フリーの高機能音楽プレーヤーAIMP3 リッピング

手持ちのCDからお気に入りの曲をパソコンに取り込んで、

「AIMP」で再生しながら、作業を進めれば、作業もはかどる

ことまちがいなし!

では、早速とりかかりましょう!

まずは音楽CDを読み込む

上の画面より

1)プレーヤーの左上のボタンをクリックし、
「メインメニュー」をクリック

2)「フォルダ」を開くをクリック

3)音楽CDの入ってるドライブの左横のボックスをチェック

4)下のOKをクリック

5)新規プレイリスト画面<AutoName>と出てきますので
そのままOKボタンをクリックします。

するとこのような画面になり、CDの演奏がスタートします。


いよいよ音楽CDからリッピングします

音楽CDからのリッピング


1)  プレーヤーの左上から3番目のボタン「ユーティリティー」をクリック

2)「オーディオ変換」をクリック

3)AIMP:オーディオ変換画面の右上にある「+」ボタンをクリック

すると音楽CDの中身が表示されます

4)ファイルの一覧の中の何もない所(画面の赤枠Aの部分)をクリックし、
Ctrl+Aでファイルをすべて選択し下の「開く」ボタンをクリックします。

この画面になればいよいよ取り込みの最終設定です

上の画面で1~4の設定

1)形式(フォーマット)

APE FLAC WMAといろいろあります。ここではオーソドックスな
WAVE(ワブ)に設定してます。

またコーデックを新たにインストールしてフォーマットを増やすこともできます。
私は今回新たにMP3とDTSを追加してます。

2)サンプルレート(サンプリング周波数)

ここでは、44100Hzと設定。
8000Hzから384000Hzまで!用意されてます。

3)ファイルをリネーム

ファイルを変換(取り込み)した後の曲名をここで、設定した形式で自動で
書き換えてくれるというもの。(デフォルトでは3種類用意されてますが、
あとから好みで、追加できます)

  1. %R – %T
  2. %tn. %T
  3. %tn. %R – %T

R:リリース名  T:曲名  tn:曲順
4)出力先

出力先の左側にあるボタン(3つの内の、まん中)をクリックすることで、
変換した曲の出力先を選択できます。
ここでは、DドライブのMUSICフォルダに設定してます。
最後に、開始ボタンをクリックすると、処理がはじまります。

処理が終わるとステータスの部分が「完了」と出ればOKです。

お疲れ様でした。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告