ヒアリを利用する天敵「ゾンビバエ」のあまりにも残酷な生態

ここ最近、「ヒアリ」がこんなとこにも現れたという

ニュースがされますが、だんだん変だと思うよう
になってきました。

そんなときにふと目にしたのが、人為的に
誰かが、ヒアリを飼育し拡散してるのではないかと
言う記事でした。

真相は定かではありませんが、もしそうだとしたら
これも一種のテロといえるかも知れません。
怖いですね。

殺人アリのイメージが強すぎるヒアリですが、
なんと「天敵」が存在してたのです。

その「天敵」とは?

ヒアリの天敵「ゾンビバエ」の生態が恐ろしくグロい

連日テレビで話題になってるあの「ヒアリ」
にも天敵がいるって知ってました?

ご存知ないかたも多いと思いますが、
名前だけでも怖いですよ。

(もったいぶらずに早く言えよと聞こえ
てきそうなので)

ズバリ!

「ゾンビバエ」

怖いですね?では、サヨナラ、サヨナラ。
(かなり古いネタです)

体長は0.5~0.6ミリとけっこう小さい
です。

それでは、驚きの生態をみてみま
しょう

まず、ヒアリの体に一瞬で数百個の卵を産み
付けます。

ゾンビバエに気づいたときから、ヒアリはパ
ニックになります。恐怖の始まりです。

産み付けられヒアリの体内で孵化した幼
虫は、ヒアリの体液を吸って成長しながら
約2週間かけて頭部に移動していきます。

いよいよクライマックスです。
頭部に移動した幼虫はヒアリの脳を食べ
尽くすと、酵素を分泌します。

すると、

「ヒェー」

ヒアリの頭がポロリと落ちて、そこから

ゾンビバエが、出てくるわけです。

下の動画もどうぞ


アリについて知ったことでびっくりしたこと

アリって子供の頃から、わりと身近な昆虫で
すが、ちょっと調べて見ると、意外と知らない
のに気づきます。

たとえば、アリはスズメバチやベッコウバチに
近いグループで、ミツバチよりもアリの方が
スズメバチに近いと知ったら

「えっ」ってなりません?

この世には

約100京(ケイ=1兆の1万倍)

の昆虫がいて、そのうちの

1%が「アリ」だと言われてます。

これくらいでは、あまり驚きません。
ピンとこないので。

しかし

「アリ全部の重量は、全人類の重量とほぼ
同じ」なんだとか。

これには、おどろきました。

ヒト1人に匹敵するアリの数は約1千万匹
というから、スゴイ数だということだけは
わかります。


さいごに

最近テレビやマスコミで、ヒアリについて
連日のように、話題になってますが、

大体が、ヒアリの持つ毒についてであり、
ヒトが刺された場合の危険性について
だけです。

でも人が死ぬことはまれ(致死率0.1%)だと
いうことです。

それよりも、アメリカとかでは農作物などに
及ぼす被害の方が深刻だそうです。

そのため、先の「ゾンビバエ」を利用して
ヒアリを根絶しようという研究もあるそうですが、
そのことで、また新たな問題が生まれないか
不安を感じます。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告