暑さ対策グッズを使えば、エコに実現できる家での対策

今年の夏もやはり暑いですね。

だから暑くなれば、エアコンが欠かせない。

そして暑いからといってずっとつけてると

あとで電気代を見ると

「!!!」

いつもの月の4倍以上になってました。

これには絶句しました。

それで少しでも節約しようと調べたら

冷風機(スポットクーラー)、冷風扇とか

有りましたが、更に調べて行くうちに

どうせなら、なるべく手軽で金のあまり

かからないのでやってみようと思い

家庭でかんたんにできる暑さ対策エコ編と

銘打ってまとめてみました。

家庭でかんたんにできる暑さ対策エコ編

家の中で暑さが入ってくる場所ですぐに浮か

ぶのが

「窓」

「窓」といえば「すだれ」そしてもう一つ

「グリーンカーテン」

すだれは説明は不要かと思いますが、

「グリーンカーテン」をご存知ないかた

のために

家の窓際などでつる性の植物な

どを育てて日光が直接入らないようにす

ることで、家の中に入る熱を抑える究極

のエコです。

我が家では「ゴーヤー」を育てていて、

1週間~10日の間隔でで2,3個くらい育った

のを頂いてます。一石二鳥ですね。

窓に鉄格子などがあれば、防犯上ある

のが当たり前になりつつありますが、

格子に園芸用の網を張って、そこにつ

る性の植物でカーテンを作り、格子の

内側にはすだれをかければ、二重になり

バッチリかなと。

ちなみに、すだれだけでも、

熱の30%くらい

遮断する効果があるそうですよ。


扇風機と保冷剤の組み合わせで暑い風よサヨナラ

小さい頃にアメリカ映画で見た場面で、

あるテントのなかで扇風機が回っていて

その後ろに大きな氷が置いてあるのが

印象的でずっと記憶にあった。

扇風機って周りの空気を送ってるだけ

だから、周りが暑ければ当然暑い風が

吹いて、よけいに気持ち悪いですよね。

ということは、あの氷を置いてたのは

氷の冷気を送るためだったと最近

知りました。

さすがに家の周りにはもう氷屋はない。

すると、保冷剤を利用する方法が

ネットで多く紹介されてるのを見て

これならと思った。

保冷剤を扇風機と組み合わせるときに

気をつけるのは、やはり水滴。

水滴が下のスイッチ類にでも落ちたら

危険ですからね。

一番簡単そうなにみえたやり方が扇風機の

首の所に、持ち運びするための取っ手が

あると思うので、そこにかごのようなものを

つけて扇風機と適度な距離で保冷剤が

置けるようにすればいい感じかなと。

保冷剤は、複数あったほうが、取っ替え引っ

替えできていいでしょうね。


さいごに

涼しさを求めるだけなら、エアコンが最強

なのは、誰も異論はないでしょう。

実際、私も毎日エアコンにはお世話になって

ます。

けれども、1日24時間やってたのが、半分の

12時間になったら、電気代は半分です。

しかも、それが暑さをガマンしてでなく、他で

工夫した結果であれば、なにかしらの満足感

が得られるような気がしてきます。

まだまだ、夏はこれからですが、人類の英知を

頼りに乗り切りましょう。

スポンサーリンク
336×280広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280広告